高反発マットレス

高反発マットレスお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

高反発マットレス

このページは「睡眠と障害対策 」の情報コンテンツです。
高反発マットレス > 睡眠と障害対策

豆知識

睡眠と障害対策

普段から腰痛に悩まされ続けている人も、最近腰が痛いことが多い気がする・・と腰痛になっているのではないかと疑いがある人も。寝れば身体を休めることになると思いながらも朝、布団から起きる時が一番つらい・・そんなことはありませんか?

朝起きて腰が痛い原因は?

生き物はすべて、休息を取るために睡眠をおこないます。寝ている間は身体の筋肉はもちろんのこと、体温も下がって内蔵も休息をとっているのですが、場合によっては休息が上手く取れないことがあります。まず、多くの場合はお布団やマットレス、枕など寝具との相性です。

寝床が合わない

腰痛だけではなく肩こりなどの原因としても上がることがありますが、例えば枕が高すぎて合わない・低すぎて合わないという場合は首や肩の筋肉が常に緊張している状態にあります。これでは休息どころか逆に負担になりますね。同じように、お布団やマットレスが合わない場合ですと腰や背中が緊張している為に腰にずっと負担と掛けてしまい、その蓄積が腰痛へと繋がる場合があります。

また、長年使っているベッドマットレスなどですと、お尻や腰といった身体の中で重い場所がへたって沈んでしまい、身体を支えきれずに腰の負担が大きくなることもあります。

寝相が負担をかけている

腰痛がある方は楽な姿勢で寝るのが一番ではあるのですが、人間は寝ている間に何回か寝返りを繰り返します。こうすることで身体の負担をどこか一カ所に集中させないようにするのですが、腰がすでに痛いことで寝返りすらも苦しい・辛いとなると、寝返りを無意識のうちに行わなかったりするのです。私も急な腰痛で横になることが一番つらいと思うことがありましたが、朝起きたら眠りについた時と同じ体制で寝ていてびっくりしたことがありました。

腰に良い寝姿勢、寝具とは

まず、アナタの身体に合った寝具を探すことから始めましょう。枕の合う・合わないというのは人によって違ってしまい、一概にどの枕が良いとは言い難いのですが、どうしても肩こりや腰痛がひどい場合は専門機関でしっかりと調べてもらうことが大切となります。また、寝姿勢についてはうつ伏せの方が負担が少ない骨格、仰向けでないと腰に大きな負担を強いる体格と、身体の作りによっても変わってしまいますが、もしあなたが仰向けで眠れない場合は、抱き枕を使ってみてください。

うつ伏せで寝るというのは、一般的な日本人の骨格で考えれば腰に負担がかかる体制。抱き枕を抱えることでこれら負担を軽減することもできるのです。妊婦さんも仰向けではお腹が苦しく、うつ伏せにはなれないという時に抱き枕を使いますが、身体の負担には一度試してみる価値のある方法だと思います。

高反発マットレス 激安通販
ExecutionTime: 119 msec / Memory: 7.6 MB