高反発マットレス

高反発マットレスお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

高反発マットレス

このページは「低反発マットレスと子供布団の問題について 」の情報コンテンツです。
高反発マットレス > 低反発マットレスと子供布団の問題について

豆知識

低反発マットレスと子供布団の問題について

自分自身が低反発の布団や枕を使っていて、 非常に寝やすく気持ちいいからということでお子様のお布団も低反発を使おうとしていませんか? ここでは低反発マットレスと子供布団の問題についてまとめています。

赤ちゃんに低反発はNG

今ではさまざまな育児書やインターネットの普及で容易に情報収集ができるため、ほとんどのお母さんはご存じだと思いますが、赤ちゃんの布団は私たち大人が使うお布団よりも硬めのお布団である必要があります。産まれて間もない赤ちゃんは自分で思うように身体を動かすことができません。寝返りが出来るようになり始めても、うつ伏せから仰向けに戻れなかったりするのです。

この時、低反発のように柔らかい沈み込むような布団は非常に危険!うつ伏せになって顔を下に向けたまま、赤ちゃんは顔を横に向けることもできず、息ができなくなってしまいます。硬い布団の場合は、仮にうつ伏せになっても顔の下に隙間ができやすいため、やわらかい布団にくらべて事故が起こりにくいのです。

もちろん、マットレスだけではなく枕だって同じ。低反発を使うのはもってのほかです。「自分がちゃんと見ている間だけなら、、。まだうちの子は寝返りを打たないし、、。」という考えも捨ててください。もし、一瞬目を離す瞬間があって、昨日まで出来なかった寝返りができるようになったらどうしますか?苦しくて赤ちゃんが泣いていても布団に声が吸収されて聞こえないかもしれません。油断は大敵なのです。

骨の形成

赤ちゃんはこの世に生まれてもまだまだ未熟。頸椎や腰椎などはまだこれから形成されていきます。そのため、低反発のように柔らかい布団で寝ることそのものが適していないのです。産婦人科などでも硬い布団の方が背骨のために良いと言われることがあるかもしれませんが、そういった発達・発育の面からもお子様のお布団は硬めで選んであげるようにしましょう。

やさしいコルクマットが赤ちゃんの保護に役立つ

マットレスといった分厚い敷ふとん以外にも、例えばこういうコルクマット業務用が便利です。 もし転んでも衝撃をコルクが吸収してくれる上に、防音効果がある為、下の階に騒音が響くことはありません。 マットレスを敷くご家庭もありますが、つまずいてコケてしまうこともあるので薄くて程よい硬さのあるベビーマットがお勧めです。 特にハイハイする赤ちゃんや、歩き始めの頃は役立ってくれるでしょう。

高反発マットレス 激安通販
ExecutionTime: 82 msec / Memory: 7.6 MB